獣になれない私たち第2話ネタバレ・感想(主演)新垣結衣:松田龍平

獣になれない私たち第2話が放送されました。

 

毎回、新垣結衣のかわいさにやられている男性も多いのでは?

関連:獣になれない私たち見逃し無料動画配信はこちら

獣になれない私たち第2話ネタバレ・感想

まずは冒頭。深海晶(新垣結衣)のイメチェンからの業務内容改善要求。ワンマン社長の唖然とした顔が面白い。しかし一大決心をして直談判したのに社内では「グレた」で済まされてしまうところが切ない。

私も思ったことを強く言えないタチなので、そこはすごく晶(新垣結衣)に共感しました。

 

その後三日間の有給を貰う晶ですが、一日目で松任谷夢子(伊藤沙莉)に呼び出されてしまいます。うーん。ブラックというか、つくづく仕事ができる人に依存している会社です。

 

取引先の請求書を上野が自宅に持って帰ってしまった様子。上野(犬飼貴丈)この日無断欠勤をしています。

 

晶(新垣結衣)は結局休日出勤をして、上野(犬飼貴丈)家まで取りに行きます。
「じゃあやめるのね?」
「簡単に言わないでくださいよ!」と仕事を辞めるのか辞めないのか。の押し問答が面白くて思わずクスリ。
「深海さんには俺の気持ちなんて分からない」とのセリフには、1話で触れた晶(新垣結衣)の生い立ちを思い出し、『いやぁ、この子も苦労してるんだよ』と心の中で庇ってしまいました。

 

その後の「好きになってもいいですか」には思いがけずびっくり。全く予期してない展開でした。

 

そして有給二日目。

 

朝、上野(犬飼貴丈)は会社に来たようで、一安心でした。

 

その後、元派遣先のバーベキュー大会に参加します。

 

お客様なのにせっとせとお肉を焼き、みんなに配る晶(新垣結衣)。このシーンも晶の人柄が出てました。

 

すかさず「座ってろよ」と声を掛ける花井(田中圭)がよかったです。

 

1話では別れた元カノをいつまでも追い出せないクソだという印象しかなかったのですが、優しすぎるだけだったんですね。

 

そして過去の回想に入ります。

 

爽やかな過去回想にしびれました。こんなに好きなのに上手くいかないこともあるのかぁと。
その後、焼肉のタレが買ったばかりの靴にかかり回想が終わります。

 

花井(田中圭)の同僚を誤魔化すために嘘をつく晶(新垣結衣)が切ないです。

 

花井(田中圭)も辛そうな顔で晶(新垣結衣)を見つめます。

 

ほんの少しだけ何かが違ったら、上手くいくはずなのに、そのほんの少しが上手く噛み合わないんですね。

 

「他の人を好きになれたらいいのに」と思わず晶は言ってしまいます。第1話での「恋がしたい」という言葉の感情が明確に分かって泣きそうになりました。

 

その後帰りのバスの中。花井(田中圭)の母からメールが。

 

「頼りになる子です」の文字。メールを見ながらぼんやりと外を見つめる晶。切ねぇ……切ねぇなぁ。

 

あと、根元恒星(松田龍平)が、ただ客を冷たくあしらっていただけではなかったことが分かりました。意外な優しさに胸が熱くなりました。

 

その後、札束を持ってきたスーツ姿の男となにやら不穏な雰囲気。彼にはどんな秘密があるのか気になるところです。


獣になれない私たち第2話とくによかったところ

深海晶(新垣結衣)と花井京谷(田中圭)の出会いの回想シーンがよかったです。尺も長かったし、ドキドキした。
第1話では終始不穏な空気が漂っていたカップルだけに、馴れ初めの爽やかさは二人が愛し合っていることが分かってとてもよかったし、確かに恋愛の始まりってみんなこうだよなと感じました、
そのあとの熱烈なキスシーンでの田中圭が思わずこぼす「ごめん」と、現在に戻って晶(新垣結衣)の足元でこぼす「ごめん」の落差を上手く対比させてあって、ジーンときちゃいました。

 

獣になれない私たち次回に期待するところ

 

まずは深海晶(新垣結衣)の業務内容が改善されるのかどうか。第2話では昇進が決まってましたが、そういうことじゃねぇよ感がすごかったので。派遣社員時代の「今は仕事が息抜き」とのセリフがありましたが、今は仕事でもプライベートでも自分をすり減らしているように見えるので、報われてほしいなと思います。

あと、長門朱里(黒木華)について。きっと何か事情があって、働く自信を失っているのだろうとは思うのですが、これから先彼女の胸の内が描かれるのが楽しみです。

ありがちな恋愛ものとは一味もふた味も違くて、全く先の展開や構成も読めないので、そこも楽しみにしています。

 

関連:獣になれない私たち見逃し無料動画配信はこちら