「結婚相手は抽選で」第1話ネタバレ感想(主演)野村周平

10月のドラマ、「結婚相手は抽選で」の第1話が10月6日に放送されました。

 

ネタバレ・感想を書いていきたいと思います。

 

関連:結婚相手は抽選で見逃し無料動画配信はこちら

 

結婚相手は抽選での第1話ネタバレ・感想

潔癖症なうえ、オタクで内気な性格のため、周りの女性からひかれることが多々あり、今まで恋愛をしたことがない宮坂はコンピュータソフト会社で働く会社員

 

そんな宮坂は、ある日、結婚相手を抽選で決めるという国が新たに出した新制度に参加せざるをえなくなってしまいます。

 

この設定は他作品で見たことがあるものの、やはり面白いな。と思いました。

 

ですので、1話のつかみは良いと思いました。

 

しかし、その制度には、そのお見合い相手は2人までは断ることが出来るが、3人断ればテロ対策の軍隊に入らないといけないという条件もあるようです。

 

これは確かに無茶苦茶で、国民の動揺もよく分かりますが、斬新な設定だと思いました。この設定が今後どのように関わってくるのかが楽しみですね。

 

そして、この作品では各登場人物の様々な気持ちがうまく表現されていて、とても興味深く視聴することが出来ました。

 

本当、世の中にはいろんな考えの人がいるのだと改めて実感することが出来たように思います。

 

宮坂は恋愛をしてみたい、自分を変えたいと思っているものの、中々思うようにいきません。

 

恋愛だけではなくとも、自分の思うようにいかないことって人生の中では多々あり、宮坂と同じように苦しんでいる人はたくさんいると思うのです。

 

そういう人達にとってはこの新制度のように強制的に助けてもらえるのは有難いことなのかもしれない。とも思わせてくれましたね。

 

ただ、正直この法案に関しては欠点がたくさんあり、詰めが甘いな。と素人ながらにも感じてしまいました。

 

そのほころびが今後取り上げられていくのかスルーされるのかも個人的に見ものだな。と思っています。

 

例えば、半強制的に結婚相手を決めて、結婚はしたもののいずれ価値観の違い等から上手くいくことって少ないと思うんですよね。

 

今でさえ、この人とならうまくやっていけると思って結婚しても離婚する人達がいるのだから。

 

そうすると子供が出来なくなる。

 

となれば本末転倒のような気がするのです。

 

このようなことを考えるとこの作品の最後の結末は、この制度は失敗ということになりかねませんよね。

 

しかもこの法案が出来た理由の1つには総理の収賄問題から国民の関心を反らすことも含まれています。

 

結局、政治家が得することが最優先だということが1話でその都度取り上げられていることも考えると国民が政府に反感を抱くエピソードも描かれるのでしょうか。と様々な考察が出来た初回放送だったと思いました。

 


 

結婚相手は抽選で第1話の特にここがよかった

 

この回はいろいろ情報が多く、飽きずに視聴することが出来ます。

 

タイトルにもなっている結婚相手を抽選で決めるということだけでなく、政治家達の勝手な思惑、子離れ出来ない親、オタクに対する偏見、結婚する気がない最近の若者といった問題提起がうじゃうじゃとありました。

 

これらを今後どうやって回収していくのかが考えながら視聴するのも面白いと思います。

 

ですので、この第1話では、いろんな人達の感情が渦巻いていて、それをうまく表現されているように感じたところが一番面白いと思いました。

 

結婚相手は抽選で第2話のここに期待

 

お見合い相手の条件に1つだけ希望条件を書くことが出来るというのが、第2話のメインストーリーのようです。

 

まぁ、確かに国が一方的に決めたところでうまくいくカップルなんて少数な気がしますし、大多数が反感を持っている国民に対してのせめてもの救済処置のような気がしますが。

 

これも正直前途多難な予感です。

 

そして、第1話では登場していない登場人物も何人か新たに出てくるようですので、またその人達がどういった役回りなのかも楽しみにしたいです。

 

もし、見逃してしまっても無料で見る方法を下の記事でまとめています。

関連:結婚相手は抽選で見逃し無料動画配信はこちら